ワイシャツのアイロンのかけ方

アイロンがけの順番

まず、はじめに襟からかけていきます。そして肩部分、カフス、袖、身ごろの順番でかけていきます。
このようにアイロンがけは細かい部分からかけていくのがポイントとなります。

アイロンをかけるときのポイント

  • 霧吹きの活用

    綿のワイシャツの場合はシワになりやすいためアイロンをかける前に霧吹きをかけ湿らせることでシワが伸びやすくアイロンがけしやすくなります。
  • 引っ張る

    生地を引っ張りながらプレスすると綺麗にシワを伸ばすことができます。
  • 一方方向に動かす

    アイロンはジグザグに動かすとシワの原因となりますので直線、一方方向に動かしましょう。
  • 生地が厚い部分は力を入れる

    襟やカフスなど生地の厚い部分は力を入れながらアイロンをかけましょう。

裏表の両面アイロンがけをしていきます。襟先から中央に向けて引っ張りながらアイロンをかけることでピンと綺麗にシワを伸ばすことができます。

肩部分

折り目がつかないように肩部分以外の生地をアイロン台の外に逃がし、シワを作らないようにかけていきます。
襟を立てて平らにし、折り目に沿ってシワを伸ばすようにアイロンをかけていきます。

カフス

アイロンの先を使い引っ張りながら端から中央へかけていきます。

袖下の縫い目に沿って袖口から肩に向かって直線にかけていきます。
このとき反対側に折り目ジワがつかないように気をつけてください。

身ごろ

ボタンのある部分からアイロンをかけていきます。
次に脇の縫い目を引っ張りながらかけていき背中の部分もシワを伸ばしながら全体にかけていきます。
ポケットの部分は下からポケット口に向けてかけると綺麗に仕上がります。

当店はオーダーシャツの通販を行っており、格安価格で気軽にオーダーメイドをすることができます。
あなたの体にぴったり合ったワイシャツに仕上げます。多くのオプションスタイルが無料でお選びいただけますのでおすすめです。
さらにクレリックシャツも無料対応とさせていただいておりますので是非、ご利用ください。
営業日カレンダー

 工場お休み

 発送予定日

※ 納期のご相談はこちら ※

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
オーダーシャツのブログ
▲ページ上部へ